ようこそ 女性専用 国立の自然療法 癒し空間へ 整体・カイロプラクティック・頭蓋骨仙骨療法・アロマオイルテラピー・よもぎ蒸し・バッチフラワーレメディ― 国立駅・矢川駅 

全身バランス調整/蝶形骨バランス調整

○全身バランス調整
midori
人間には本来3つの呼吸のリズムがあって

呼吸のリズム、

心臓のリズム、

のほかにもう一つ、

体内にはまるで潮の満ち干のような、とても原始的でゆったりとしたリズム、

それを脳脊髄液(のうせきずいえき)リズムといい、じつはこれが 第一次呼吸になるのです。

すこし 専門的なお話になりますが、脳脊髄液には脳圧を一定にして脳と神経系を保護し、老廃物を取り除く働きがあります。

脳脊髄液は脳に対し、クッションの作用をして脳や脊髄に加わる衝撃的外力の伝達を防いだり、減少させたりしているため、私たちの神経細胞に直接関与している重要な物質なのです。

脳脊髄液は95%は側脳室で生成され、 第一次呼吸である脳脊髄液の呼吸、頭蓋~脊柱~仙骨の硬膜管を流れる脳脊髄液のリズム、頭蓋仙骨呼吸によって能動的に流れています。

この液の流れや量に異常があると、様々な痛みや不定愁訴、自律神経失調症状、内分泌系の異常などが発生するのです。

mizu

〝チトのゆび 〟の「全身バランス調整」は、頭蓋骨仙骨療法( Sacral Occipitial Therapy)を使って 以上のように身体を「頭蓋仙骨系」と捉え、頭蓋~脊柱~仙骨の硬膜管を流れる脳脊髄液のリズムを整えて全身を調整し、自然治癒力を高めていくものです。

これはカイロプラクティックの一種であり、私自身は種々な手技療法~欧米から東洋に至るまで範囲は広い~ なかでも一番自分が受けて心地よく、素晴らしい治癒力だと感じたものです。

実際にはこれと並行して、オステオパシーという手技と、東洋医学の経絡やツボを使う筋肉のほぐし、またトリガーポイントも併せて施術していくのですが、オステオパシーもカイロの一種で、一円玉を五枚重ねた微力な圧で骨を動かしていく、という繊細な手技の為に、受けているほうは不思議な感じがするかもしれません。
しかし、女性の身体にも、年配の方にも優しい。それこそが、本当の自然治癒力が発揮でき、身体が目覚める、それでいて強力に全体性にはたらきかける施術なのです。

〝チトのゆび〟おすすめ☆彡

全身バランス調整           60分    ¥6,500
初回                              ¥5,500!

🌼お得な回数券       4回分           ¥22,000
*一回あたり ¥5,500♡     ¥4,000もお得!

脱衣必要なし(スカートの方はズボン着用推奨、ご希望の方にはお着替えもあります)


○施術の流れ

sejyutsu_1
問診 

身体の気になる部分を伺います。慢性的なのか、急性的なのか、などなど、普段の姿勢や内臓の調子も合わせて探していきます。

sejyutsu_2

検査

さまざまな角度からの検査、問診から導き出した部位や、神経機能の状態や筋肉の活動状況を分析していきます。


sejyutsu_3

ほぐし

調整の前に全身の筋肉の硬いところに対して緊張を緩めていきます。全身の血行を促進し、骨を動かしやすい状態にします。

ほぐしの気持ちよさも大事なので、お好みの強さを聞いていきます。

sejyutsu_4

全身の調整

身体の機能低下の原因となっている部位を全体から捉えて丁寧に調整、脳脊髄液の流れ、仙骨、骨盤の調整、など一人一人に合わせたアプローチで身体全体を整えていきます。

sejyutsu_5

アフターフォロー

お身体の状態を説明、それに対する日常生活のアドバイスなど、アフターフォローも重要視しています。


 

◎蝶形骨バランス調整

40分    ¥4,500  

頭蓋骨は20以上の骨がつなぎ合わさってできています。
この骨と骨の連結を“縫合(ほうごう)”というのですが、実はこの縫合が、頭や顔の筋肉、筋肉や帽状腱膜(ぼうじょうけんまく~頭蓋骨を包む組織)などの重みによってゆがんでくるのです。

また日常生活でのクセ、例えば歯ぎしりなどでも縫合はゆがみます。このゆがみは、4~5キロもの頭の重みのため、首や肩への負担、鼻の通りの悪さ、神経や血管の流れの滞り、眼精疲労 などなど さまざまな不調となって現れます。

蝶形骨と20以上の頭蓋骨の縫合を優しい圧で矯正し本来の機能を戻していきます。 骨盤から整えていくため血圧や体への負担も軽減 ~眼精疲労、首コリ、肩コリ、頭痛、めまい、鼻づまり、 自律神経の乱れ、ホルモンバランスを整え、 頬もリフトアップ! 小顔に! などなど良いことづくめ!

○「全身バランス調整」には「蝶形骨バランス調整」も含まれます

TOPへ