ようこそ 女性専用 国立の自然療法 癒し空間へ 整体・カイロプラクティック・頭蓋骨仙骨療法・アロマオイルテラピー・よもぎ蒸し・バッチフラワーレメディ― 国立駅・矢川駅 

ブログ(アーカイブ別)

GW中のお休みの訂正とお知らせ!!

titonoyubi 2016年04月30日 

開店後などの調整もありまして、GW中のお休みを5月3日(火祝)、4日(水祝)とさせていただいておりましたが、申し訳ありません  訂正です!!

お休みは定休日以外では5月3日(火祝)のみ

5月4日(水祝)みどりの日と5月5日(木祝)こどもの日 は通常営業とさせていただきます!!

ぜひGWも中盤のお疲れをとりに…

またはこの機会にしっかりと身体のメンテナンスをしたいと思われている方、

心の疲れをも癒されたいと思ってらっしゃる方

などなど  ぜひこころも身体も癒されにいらしてくださいませ

メニューも症状に合わせてご相談できます!

新緑の緑に囲まれた   チトのゆび  で心よりお待ちしております

もしご家族連れでも良かったらいらしてください   1人のセラピストなので、施術中は 他のお客様もいらっしゃいませんしお子様でも気兼ねなくそばにいることができます

またお隣は開店前から行列の出来るフードムードさんという、自然の優しい素材を使って作ったお菓子と、カフェのお店もあります

良かったらいま国立の西エリアもお店が増えてきておりますので散策してみてください  きっと色々な発見があるはず(^o^)/*

GW期間中も  チトのゆび  でこころよりお待ちしております*\(^o^)/*

写真はお店の自転車置き場に咲いたバラの花です^^良い香り**

IMG_3215

お花!お花!

titonoyubi 2016年04月27日 

昨日今日とまたお花をいただきました!国立西商店会の皆様からと(商店会のお花屋さんが、今朝オープン前に店前を掃いていたら、ちゃりーんっお届け物でーす!と自転車で持ってきてくださいました!とてもおっきいのに!*^^*とても気さくで そして素敵ばお花!! とってもあたたかいのですね!この街は! ありがとうございます!!  今は頂いてばかりなので、これからお店を軌道にのせることでお返しができますように。身も引き締まる思いです*^^*

もうひと方はお店の保険でお世話になった三井住友海上の方が、オープン日をお知らせしていなかったにも関わらず、今朝車で通り掛けにお店が開いているのを見て、夕方には届けてくださいました!リーフレットをもらいに来ましたよーー!と… お話を聞いていたら、明日から熊本に軽トラックを届けに、なんと軽トラを運転してボランてィアで熊本まで行かれるそうです! なんて良い方なのでしょう!阿蘇に旅行に行ったこともあるので今回特に開店前でばたばたで、何もできない自分をはがゆく思っておりましたが 本当に強硬なドライブなると思いますので、どうか気をつけて行ってらっしゃいませ!
IMG_3274IMG_3287
IMG_3294

私がセラピストになったきっかけ~アナフィラキシーショックと自然療法~続き

titonoyubi 2016年04月26日 

前回の続き~自分のいつ起きるかわからないアナフィラキシーショックへの恐怖、薬を飲み続けなければいけない憤りのようなものも感じていました。

~それを解放してくれたのは、

一年後の一人旅でした

大学の卒業旅行に海外へ1か月位の長期旅行をしたいと、ネパールを選びました。

その時私は、海外旅行にも関わらず、湿疹を抑えるための 薬を持っていきませんでした。

今でも ほんとに怖いもの知らずだと 思います。

若かった(笑) というのもあるとは思うのですが、

何か 自分の身体からの声が聞こえていたのだと思います。

身体は 知っていて 訴えていたのでしょう

ネパールでは 山のトレッキングをし、

自然のいい空気を吸い、

自然に栽培した採れたての野菜の美味しさを実感しました。

毎日 隣のに広がる田園や畑でとれた野菜やお米をたっぷり食べて過ごし、

朝明るくなると起きて、

夜暗くなると寝る…

昼はエベレストに代表されるネパールの山々を見上げ、

夜は降ってくるのではないかと思うほどの数の星をみて 寝る

という生活を続けていたら、湿疹のことなど すっかり 忘れてしまいました。   次回へ続く^^

お店のまわりも緑に囲まれています!

titonoyubi 2016年04月25日 

私も毎日緑に囲まれて癒されています^^

ほっとしにいらしてくださいませ*^0^*IMG_3247IMG_3228IMG_3231

お花に囲まれています!

titonoyubi 2016年04月25日 

開店の日にいただきました!!店内はお花に囲まれていい香りがしますよー♪img_3180-1.jpg img_3182-1.jpg img_3181-1.jpg img_3179-1.jpg

4月21日(木) チトのゆび OPEN!

titonoyubi 2016年04月19日 

本当にたくさんの人の協力で、お店を開店することができました!

恩師、旦那さん、父親、母親、兄、義理姉、姪っ子たちまで、そして友人たち(PicsArt_04-19-10.02友人!もっとも協力な助っ人たち)!

そしてお店を開店する過程で出会った不動産屋さん、大家さん…その他さまざまな人たちに見守られ…(多分皆さん本当に開店できるのか心配していたと思われます(笑))

この店舗に出会ったとき、ピン!ときてしまい、1人でさっさと契約をすすめてしまったものの、

とっても無謀なことだったと気がついたのはそれから一週間くらいしてからのこと…

とてもではないですが、ひとりではまったくもって、

何年たっても

おみせは開店しなかったことでしょう!

人間は1人では決して生きられないんだ!

と強く感じた期間でありました。(大袈裟ではなくて(笑))

本当に皆々様に心よりお礼申し上げます。

大変なふつつかものですが、どうぞこれからもよろしくお願い致します。

そしてこれからお店で出会うひとたちとも一緒にお店を作っていくのではないかなと感じています。

まだ出会っていない方々も、色々至らないことも多々あるかと思いますが、どうぞこれからの チトのゆび を よろしくお願い致します。

IMG_3110

チトのゆび 小林 左和

私がセラピストになったきっかけ~アナフィラキシーショックと自然療法~

titonoyubi 2016年04月19日 

自然治癒力 それは人間が本来持っている宝のようなもの

私がそれを強く感じたのは 20歳過ぎの まだ学生の頃でした。
親知らずが腫れてしまって、歯医者さんで処方された痛み止めの薬と抗生物質を飲んだところ、突然のアナフィラキシーショックを発症してしまいました。
全身、内臓にまで ホルスタインのような湿疹がでてしまい、体中が腫れ、呼吸困難と痛みと痒さでのたうち回り、意識も昏睡状態で1週間ほど生死をさまよいました。一ヵ月近く入院して、なんとか腫れが収まり回復することはできましたが、その後も少しの疲れですぐに湿疹がでるようになってしまい、湿疹を抑える薬が欠かせなくなりました。

薬によって起こった症状を、更に薬によって治す、という状況に当時の私は心も身体も悲鳴をあげていたのです。

アナフィラキシーショックを発症したときの私は、美術大学生で、美術の課題の制作に追われて徹夜続き、身体も心もとても疲れ切っていた時でした。
そんな時に親知らずが痛み出し、
痛み止めと抗生物質、という 疲労で既に免疫力の低下していた身体には耐えられないようなものを、ムチのように与えてしまったのでしょう。

また、母親も、高血圧症による服薬、静脈瘤除去手術、子宮全摘出手術、と種々な症状で入退院を繰り返しており、 病院や薬についてとても考えさせられた時期でありました。
薬を飲んだり、手術したり、治療をするたびに、物理的には、悪いところを除去して、悪い症状を薬で抑えているのですが、
母は どんどん弱っている! と 感じました。
身体を動かせない状態と、お腹を切ったことによる身体の全身のエネルギーや血の巡りの滞り、たくさんの薬の副作用によって、本人の自然治癒力の働かない状態だったのでしょう。

自分のいつ起きるかわからないアナフィラキシーショックへの恐怖、薬を飲み続けなければいけない憤りのようなものも感じていました。

☆次回に続く

TOPへ