ようこそ 女性専用 国立の自然療法 癒し空間へ 整体・カイロプラクティック・頭蓋骨仙骨療法・アロマオイルテラピー・よもぎ蒸し・バッチフラワーレメディ― 国立駅・矢川駅 

ブログ(アーカイブ別)

真の強さ 大地の強さ

titonoyubi 2017年06月26日 

これからチトのゆびに仲間入りすることになった 無農薬栽培のお花たちのご紹介です(*’ω’*)

色も 本来の 植物やお花の色をしているので

植物たちは ひと枝ひと枝

一輪一輪 に

可憐でいて 真の強さがあります

写真では伝わりにくいかもしれないけれど

大地の強さ  みたいなもの

植物やお花は手塩に掛けただけ可憐に答えてくれる

そして ひとを癒すために健気に咲いてくれる

お花のエネルギーで お店の空間が癒されるので

私がいちばん癒されてるのです (*´ω`*)(笑)

皆さんにも植物の癒しを どうぞ おすそわけ (*‘ω‘ *)

梅雨 入り? そして 半夏渉

titonoyubi 2017年06月11日 

こんにちわ 東京はいつの間にか 梅雨入りしたそうですね まだ実感はあまりないのですが今日は夕立がさーっと降りましたね

梅雨は季節では1~番苦手な季節ですが(むくみがでるし髪の毛はくりくりになるし、なによりだるいし(@_@)…(笑)

そんなときは私は断然 よもぎ蒸し!なんとなく だるいなあ~ そんなときによもぎ蒸しをすると 本当にすっきり別人に生まれ変わったみたいな気分になります(´▽`*)

むくみの気になるお客様にも多い組み合わせなのですが よもぎ蒸しとアロマ、よもぎ蒸しと整体、のセットはこの時期最強です!!

嫌なむくみがとれて身体もこころもすっきりすると、チトのゆびのお店の窓からも木々やお花が雨水に濡れて鮮やかな色になっていて お店の前の小さな傘にはちょこんと自然にお花が彩を添えてくれて水できらきら光ってみえます(げんきんですね笑)

 

もう一つの写真はチトのゆびを開店当初からホームページなどを作ったり色々PCの苦手な私を手伝ってくれていつも支えてくれている人の個展のお知らせの葉書きです

山路絵子展 半夏渉 会期が6月30日からなので 半夏生の季節に水に纏わる作品を集めてみたそうです 雨、水溜り、傘、水の中の生物たち、そして水そのもの…

こんな時だからこそ絵画で 水 に浸ってみるのも 素敵な時間ですね

場所は表参道のギャラリーニイクさん

詳しいDMはホームページ、またはチトのゆびにDMもおいてありますのでよかったらどうぞ(^^♪

 

もう一つの写真は 梅雨 というと やはり よもぎ蒸しに整体に 梅!! そうです なんてったってだるさや疲れの味方の梅 

を仕込む時期ですね! この時期は我が家に梅の甘酸っぱい なんともいえない香りが漂います 梅も果物なんだなぁ と思うとき

今年は初めて梅味噌 に挑戦してみました!梅と味噌 も最強ですね!

皆さんも 五感で 梅雨の時期を楽しみながら 乗り越えましょう! おー( `ー´)ノ いつも いつでも 応援しています(*‘ω‘ *)

 

ちいさな曲芸師 バーナビー

titonoyubi 2017年06月6日 

やっと 探し求めていた本がチトのゆびにやってきました!

何年も前に 大好きなカフェ クルミドコーヒーさんで手にとってから

なによりも自分がほしかった絵本

ちいさな曲芸師 バーナビー

たくさんの曲芸のほかはなにももっていない

たったひとりで旅をする、孤独な曲芸師・少年バーナビーは、

寒さでこごえていたところを修道士に連れられて大聖堂でくらしはじめ、

やがて、

自分だけが、神さまのためにできることをもっていないことに

胸をいためはじめます。「いったいぼくはあなたのために何ができるのでしょうか?」

そして

自分にできる ただひとつのことを、

マリアさまのために一生懸命し続けるのでした。   しかし……。

800 年以上にわたって語り継がれ、オペラや歌、小説にもなってきた伝説を、

アメリカを代表する絵本作家バーバラ・クーニーが、美しい絵本にしたもの。

わが子にその名をつけたほど愛したバーバラ・クーニーが、
丁寧に、丁寧に 手懸けた絵本

曲芸師バーナビーのフランスに古くから伝わる、「聖母マリアの曲芸師」の
ゆっくりと沁み入る、物語はもちろんのこと、

素敵なクーニーの絵、 静かな、強い想い

個人的には とてもとても つよく こころに ぐっと  人として ぐっと(*’ω’*)

ああ 私もこれなんだ バーナビーのようにいたいのだ と

そう こころにくうっっっと 胸がしめつけられたようになって

1人で読むと最後は嗚咽が止まらないくらい泣いてしまうので

なかなかチトのゆびでは最後まで読めません(お客さまにびっくりされること必須ですね笑)

みんながバーナビーのようにできたら 世の中は とても幸せな世の中になるのだろうなあと 思います。

この本は 最初に出会った時 絵本はすでに絶版になってしまっていて、なかなか手に入れることは難しかったのですが、

今年に入ってから新たな出版社が再販することになって この間やっと!手に入れることができたんです。

この本に再び会えることができたのは 勝手に縁があると思っているクルミドコーヒーのオーナーである影山知明さんの最近オープンしたての2号店胡桃堂喫茶店さん! 2号店のこのお店では 選りすぐりの素敵な本が読めるだけでなく、クルミド出版さんから本を購入することもできるので ほんとうに 感無量でした(*´ω`*)

よかったらチトのゆびでも手にとってみてくださいな(^^♪

TOPへ