やっと 探し求めていた本がチトのゆびにやってきました!

何年も前に 大好きなカフェ クルミドコーヒーさんで手にとってから

なによりも自分がほしかった絵本

ちいさな曲芸師 バーナビー

たくさんの曲芸のほかはなにももっていない

たったひとりで旅をする、孤独な曲芸師・少年バーナビーは、

寒さでこごえていたところを修道士に連れられて大聖堂でくらしはじめ、

やがて、

自分だけが、神さまのためにできることをもっていないことに

胸をいためはじめます。「いったいぼくはあなたのために何ができるのでしょうか?」

そして

自分にできる ただひとつのことを、

マリアさまのために一生懸命し続けるのでした。   しかし……。

800 年以上にわたって語り継がれ、オペラや歌、小説にもなってきた伝説を、

アメリカを代表する絵本作家バーバラ・クーニーが、美しい絵本にしたもの。

わが子にその名をつけたほど愛したバーバラ・クーニーが、
丁寧に、丁寧に 手懸けた絵本

曲芸師バーナビーのフランスに古くから伝わる、「聖母マリアの曲芸師」の
ゆっくりと沁み入る、物語はもちろんのこと、

素敵なクーニーの絵、 静かな、強い想い

個人的には とてもとても つよく こころに ぐっと  人として ぐっと(*’ω’*)

ああ 私もこれなんだ バーナビーのようにいたいのだ と

そう こころにくうっっっと 胸がしめつけられたようになって

1人で読むと最後は嗚咽が止まらないくらい泣いてしまうので

なかなかチトのゆびでは最後まで読めません(お客さまにびっくりされること必須ですね笑)

みんながバーナビーのようにできたら 世の中は とても幸せな世の中になるのだろうなあと 思います。

この本は 最初に出会った時 絵本はすでに絶版になってしまっていて、なかなか手に入れることは難しかったのですが、

今年に入ってから新たな出版社が再販することになって この間やっと!手に入れることができたんです。

この本に再び会えることができたのは 勝手に縁があると思っているクルミドコーヒーのオーナーである影山知明さんの最近オープンしたての2号店胡桃堂喫茶店さん! 2号店のこのお店では 選りすぐりの素敵な本が読めるだけでなく、クルミド出版さんから本を購入することもできるので ほんとうに 感無量でした(*´ω`*)

よかったらチトのゆびでも手にとってみてくださいな(^^♪