img_7113いやークリスマスが近づいております!

クリスマスというと…またまた食べ物のお話になってしまいますが…

シュトーレンが楽しみで!(*’ω’*)

最近はどこのお店でもシュトーレンが売られるようになりましたね。

img_7114 初めて本物のシュトーレンを知ったのは、ここ10年くらいずっと吉祥寺近辺にいたので、 私にとっての癒しの場所のドイツパンのお店

ベッカライ リンデさんでした。

もともと 小さいころから 甘くて柔らかいパンよりも、 しっかりと穀物の味のする、硬くて茶色いパンが好きだったので、ドイツパンを好きになったのは必然的な感じでしたが、 シュトーレンを初めてリンデさんで購入した時は本当に優しいフルーツと穀物の優しい甘さに感動して、ドイツ人のようにクリスマスを迎えられるようなそんな暖かい気持ちを味わったものです。

リンデさんは教会の中にいるように落ち着く空間なので、吉祥寺から離れるとあまり通えなくなるので寂しかったのですが、

国立のこの地にも 素敵な 本物の ドイツパンのお店があったのです(*´ω`*)! しかもチトのお店からとーっても近いのです(*^▽^*)!

それが ベッカライしゅんたさん! 富士見通り沿いにあるこちらはドイツで修業されたご主人しゅんたさんのお店で、

どのパンもお菓子も本格的でとーーっても美味しいのですが、 特に私がはまってしまっているのが、 ブレッツェルにバターとハチミツが惜しげもなくたっぷり塗ってあるブレッツェルサンドです!  ブレッツェルの皮は硬めで香ばしく、中は身の詰まった柔らかさ! 外側の岩塩がハチミツとバターをさらに引き立てていて!

うう(*”▽”)  この間しゅんたさんにこのパンが大好きなことを伝えることができまして、そのときに 本当のドイツ人もバターとハチミツをたっぷり塗るとお聞きしました! そうなのですね!だからたっぷりなのですね!  ちょっと温めると たっぷりのハチミツとバターが染み出すのは 幸せの瞬間ですー しゅんたさんのお店にはハチミツとフルーツだけで作ったシュトーレンもあって、昔ながらのシュトーレンとどちらにしようか、今もまだ悩み中です(*´ω`*)  どちらも美味しいのは間違いないのでしょうがねえ ううー なにはともあれ楽しみ(*^▽^*)!

寒さは厳しくなってきましたが、 美味しいものを食べて 暖かくして 過ごしましょ(^_-)-☆ 冷え切ってしまったときは、ぜひチトへ!

ホームページのお知らせにも載せましたが、ご予約は変動も多いので、ご予約状況のアップはしないことにしました!

ご希望の日にちとお時間を、お電話、またはメールにてお問い合わせくださいませ! お電話は留守電の際はお名前だけでも入れておいてくださいねー(^_-)-☆

よろしくお願い致します!! チトのゆび